誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

マイカー、マイバイク乗り継ぎの歴史 5 5台目 BMW Z3

自分のクルマ

マイカー、マイバイク乗り継ぎの歴史 5 5台目 BMW Z3
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ZZZ ミッドナイト・バイオレット 桶川サーキットにて


マイカー、マイバイク乗り継ぎの歴史 6 5台目 BMW Z3

人生の転機というものがあります。

ニッサンサファリに数年乗った後、
わけがあって自分でクルマを所有しない日々が
数年間ありました。

色々なことがありました。

BJの後ろ座席で大騒ぎしていた娘達も、
次々と大きくなり、

長女は車の運転が出来るようになりました。

訳ありの僕は、
自分のクルマこそありませんでしたが、
父の所有する車には乗っていました。

あるとき、
久しく抑えていたムシが頭をもたげました。

「娘よ、きみはどんな車が好きなんだ?」
「普通の乗用車は嫌だな。酔う。といって無骨なジープもいまさら。スポーツカーが良いな」

ナンテ 素晴らしい娘なのでしょう。

それまでにも、
何度か案内状が来ていたディーラーがありました。

「見に行こう!」


僕の車熱が再燃しました。

標的は、BMW Z3 ロードスターでした。

z3

基本性能
型式 E-CH19 全長×全幅×全高 4035×1690×1275(mm)
駆動方式 FR シート列数 1
ホイールベース 2445(mm)
ドア数 2 乗車定員 2名
前トレッド/後トレッド 1410/1425(mm)
ミッション 4AT ミッション位置 フロア
車両重量 1270(kg) 車両総重量 1380(kg)

出典 http://www.carsensor.net

頑丈なオフ車ばかり乗っていた僕らは、

乗用車を「最中の皮」といって馬鹿にしていました。

しかし、
一方で オープンエアの楽しさは、
ジープやバイクで嫌と言うほど
味わっていました。

どうせ、
最中の皮なら、
オープン2シーターでしょ。
というのが選択肢だったわけです。

ディーラーで出たばかりのZ3をたっぷりと拝見しました。
「なかなか、良いね。」
「買うか? 少し出せ」
当時、IT企業に勤めていた娘は、けっこうな給料を得ていました。

「良いよ」

というわけで、
数週間後、
オーダーしました。

あいにく娘はオートマ免許だったので、
不本意ながらオートマ車、右ハンドル、レッド 
となりました。


納車日、徹夜で走ろうと、
娘と取りにいきました。

ディーラーから乗りだして、
「何 コレ?」 というのが第一印象。

遅いのです。

直列4気筒 1900cc。140ps ボルグワーナーのAT4速の走り出しは、
BMWへの期待が大きかっただけにちょっとがっかりでした。

後にZ3仲間がいっぱい出来て、
5速MTに乗せて貰いましたが、
そちらはそれなりに速かったので、
オートマチックがよろしくない!

z3

赤い車だったんじゃないの?

あるとき、

所用で、
夜の信州・菅平を一人走っていました。

緩い上り坂でトラックを抜いた先が、
左カーブ。右側はダムでした。

後輪が外に流れて、
そのままコントロールを失い、
内側に巻き込まれるようにガードレールを突き破って
5mくらい落ちました。

バフン! と着地。
自分自身は無事でしたが、自走は無理でした。

追い越したトラックが止まってくれて、
「ここは、携帯も通じないから、公衆電話のあるところまで連れて行ってあげるよ」と乗せてくれました。
親切な運転手さんです。

20時頃でしたが、
警察に電話を入れ、
場所を告げると
「あ、あそこね」と
レッカーの手配もしてくれました。

どうやら、
事故多発地点だったようです。

30分くらいで、
警察、レッカーが来てくれました。

現場検証と引き上げ。
Z3は逆さに釣られて右前輪とフェンダーが
かなり壊れているのが見えました。

釣られたクルマを、
地面に引いた布団に降ろすとき、
ベキベキと音がします。

リヤは無傷なのになぁ、
ひとベキ! ○万円! 恐怖の音でした。

自走不可能でした。
クルマが引き上げられた跡を見ると、
色々な部品が落ちています。
どう見ても、自分のクルマの部品ではない。

ん~~?
呪いの左コーナーというか、
超・事故多発地点だったようです。

その証拠に、
ガードレールの支柱は緩く地面に差し込んであるだけで、
簡単に抜けるようになっていました!
「この方が、クルマのダメージ少ないな。
ご親切なことで……」

Z3は、いったん、山の下の修理工場へ運ばれていきました。

当時仲良くしていたMBWのショップに連絡したところ、
キャリーカーで引き取りに来てくれることになり、
僕自身も友達が彼のZ3で迎えに来てくれることになりました。

ありがたいのは人脈ですね。

翌日傷心の帰路は、
同じレッドのZ3の助手席でした。


修理には160万円かかりました。半分オーナーの娘の希望で、M3用のバイオレットに全塗装されました。

z3

純正シートは厚みが薄くて、僕はお尻が痛くなりました。仲間のレカロがうらやましかった。

z3コックピット

自慢のリアビュー。Z3をZZZと表現していました。みんな外して捨てちゃうので、貰って付けました。

z3 リアビュー

仲間の影響で、
色々いじりました。

Mロードスターのパーツを付けたり、
Z3 2000のバンパーに換えたり。

数年乗って知り合いに譲りました。
その人も数年で別の人に譲りました。

あるとき、
近所を散歩していたら、
なんと ZZZが停まっていました。

別の人は近所の人だったのです。
凄い偶然ですね。

しばらくして、その方も、
転勤で別の地方にクルマとともに行ってしまいました。

3年くらい経って、
前オーナーとその方を訪ねました。
ZZZは10万kmを越えて、かなりくたびれていました。
しばらく前にエンジンが壊れて廃車にすると言うことでした。

娘も結婚して地方へ行ってしまっていました。

「よく頑張ったな。」
そっと幌を撫でながら、つぶやいたものです。


藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法