稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

マイカー、マイバイク乗り継ぎの歴史 家族編 1 最初のクルマ ヒルマンミンクス

名車

マイカー、マイバイク乗り継ぎの歴史 家族編 1 最初のクルマ ヒルマンミンクス
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

僕の家にあった車の話しです

最初にうちに来たクルマは、ヒルマンミンクス・スーパーデラックスでした

僕が中1の夏休みの時です。

突然、
母がクルマの免許を取りに教習所へ通い始めました。

苦節 数ヶ月、
母は自動車運転免許を手に入れました。

当時
教習所の教習車は
ヒルマンミンクス・スーパーデラックスでした。

コラムシフト 4速。

母の免許証には、
おまけで自動二輪も付いていました。

数年後父も免許を取りましたが、
それには、
おまけ自動二輪免許は付いていませんでした。

長い間
母は言っていたものです。
「うちでハーレーの大きなオートバイに乗れるのは、私だけね」
なんか、
とても誇らしげでした。

しばらくして、父は母のために車を買いました。教習所でなれたヒルマンでした。

運転席の写真は下記のブログから拝借しました。
ぜひともご覧下さい。↓


我が家の
いすゞ ヒルマンミンクス・スーパーデラックスは、2代目である。1956年9月に登場し、1953ねんにイギリスのルーツ社から完全ノックダウン車として供給を受けた、徐々に部品国産化を進めていった4ドアセダンである。
エクステリアデザインは、インダストリアルデザインの草分けとされるレイモンド・ローウィーが手がけており、全体的にエレガントなイメージのやわらかい曲線で構成されている。ヘッドランプから1950年代のアメリカ車的なテールフィンまで流れるラインが印象的で、リヤウインドーは、サイドまで回り込む湾曲ガラスを採用することで広い視野を確保した。

日本の名車 95 p.95-1、デアゴスティーニ 2015.11.17

出典 http://

納車されたヒルマンは、
ベージュにオールペンされ、
ホワイトリボンタイヤをはいた
おしゃれなクルマでした。

運転を知らない僕は、
それでも
運転席に乗り込み、
コラムシフト4速のギヤをガチャガチャと
いじり回したものです。

バックのシフトが独特のパターンであったことを
覚えています。

ヒルマンのカタログ写真

多少のモデルチェンジはあったものの、

ヒルマンは1963年9月まで作り続けられました。
総計5,7729台生産されました。

最初に売り出されたときは、
1390cc 46ps/4600rpm で 1,033,000円。
最後は安価になって、
1494cc 68ps/5000rpm で 690,000円という価格でした。

改めてみると、
おしゃれなクルマですね。

運転してみたかった……

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸